都園のこだわり

HOME > 都園のこだわり

都園4つのこだわり

必ず現地に行って、打ち合わせを行います

都園では、造園施工にあたり必ず現地で現場を実際に見ながら打ち合わせを行います。
近年ではお客様に自社の事務所に来ていただき、図面だけを見て提案をする施工業者もあるようです。弊社では、実際に現場を見なければ良いご提案ができないと考えていますので、必ず現地に行って打ち合わせを行います。

例えば、土だけを見てみても、石が多かったりサラサラとした土だったりと、庭によってそれぞれ異なります。また、周囲環境においても、目隠し等の必要性など、図面だけでは図れない部分が多々あります。周囲環境まできちんと確認して、目隠しが必要な箇所にはそのように木などを配置したり、借景を上手に活かすなど、ご近所の皆様への配慮を忘れずにご提案させて頂きます。

実際に現場を見て、お客様へ丁寧なヒアリングを心掛け、お客様にとって一番いいご提案ができるよう、日々精進しております。

都園のこだわり

出来上がった庭を想像して頂けるようなご提案を致します

庭造りの際に、一体どんな庭になるのかはご依頼の時に一番気になるところだと思います。都園では、お客様からのご依頼の際に、実際にどんな庭になるのかの想像(イメージ)をして頂けるご提案を致します。

配置は図面や簡単なパースを使ってお見せし、大体の感じやイメージはラフスケッチをお見せします。ラフスケッチを使用することで立体感のあるイメージをお伝えできると思います。ただ、ラフスケッチや図面、パースなどだけではイラストとしては完成しますが、どんな庭になるのかの雰囲気が伝わらないことが多々あります。

そこで、弊社では今までの施工事例の写真を参考にして頂いております。
イラストでは伝わらない雰囲気や質感などが伝わるよう、細やかな部分までご提案をさせて頂きます。もちろんご提案までの費用は頂きませんので、お気軽にご相談下さい。

専門的な部分を特化することでより良いものをご提供します

庭造りの際、作業は多岐に渡ります。庭木を植える、石などの配置、竹や装飾、ブロックやレンガを使って垣根・塀を造る、ウッドデッキの設置、池を造る、など、土木関係や左官系の作業、そして、植木系の作業とそれぞれ専門の特化した仕事が組み合わさって一つの庭が出来上がります。

このようなすべての作業を一貫して自社で行う会社もありますが、都園ではそれぞれの専門に特化したプロがご対応させて頂きます。植木や石、竹などの植物と鉱物に関しては自社で対応し、塀やフェンスの設置、コンクリート関係などはその道のプロが対応させて頂きます。専門的な部分を特化することで、より良いものをご提供できると考えます。

庭造りに自然素材を使用することで心の癒しをご提供します

都園では、庭造りのご提案の際には、なるべく工業製品は使用しない方向でのご提案をさせて頂いております。弊社の理念として、【庭造りを通して心の癒しを提供する】があります。

心の癒しのご提供の為、庭屋が出来ることは日本の美しい四季や時間を表現することだと思っております。移ろいでいく四季と、それに重なるように過ぎていく歴史という時間を庭で表現する。その為には、細やかな部分でも時間の産物である自然素材を使用し、心の癒しに繋がると考えます。

自然素材を使用することで、心の癒しをご提供する。それが都園の庭造りです。

都園の自然素材