お寺・寺社・企業様へ

HOME > お寺・寺社・企業様へ

社仏閣の緑地管理

長年の経験で培った高い技術に基づき
抜かりないメンテナンスをご提供します

遥か昔から庭屋と呼ばれる職業は、寺社や仏閣の庭守としてその技術を活かしてきました。
寺社や仏閣には、一般的な住宅の庭には通常ない大きな木や特殊な木が生えていることが多々あります。なので、クレーンなどの高所作業車で対応したり、広い土地に対応できるような細かな段取りが必要です。ですが業者の中には、お伺いする前にスケジュールも伝えず、いきなり来て作業を始める造園業者もいるという話を聞きます。

都園では、県内各所の寺社とご契約させて頂き、200件以上の実績がございます。定められたスケジュールに対応させていただくことと合せ、急な法要などのスケジュールによる日程変更にも対応しております。

また、作業についても単純に今回はここを作業して欲しいということだけではなく、年必ず決められたスケジュールに対応し、臨機応変に急な慶事や弔事にはスケジュールの日程変更にも対応が可能です。長年の経験で培った高い技術に基づいた対応こそが都園の強みです。

業の緑地管理

管理の省力化及び
低価格を実現します

緑地管理と労務費用はいつだって対立しあう問題です。如何に人数を削減できるかに懸かっています。
弊社では、積極的に機械化を進めており、作業一つ一つに合った機械の使い分けを行い、枯葉や枝葉を集めるための専用の機械も導入済みです。一人当たりの作業量を増やすことで、省力化に繋がっていきます。

また、緑地管理の低価格化をすることも可能になります。
そして、労働力の単価自体を抑えることも重要な問題の一つです。 単価を抑えるにあたって、まずは職人の時間単価を下げることが一般的な方法かと思いますが、弊社ではそれを行っておりません。行っていないというよりもできないのです。木や植物の成長する勢い、花の芽吹き、全体の輪郭を考え、半年後に起こりえる色々な要因を考えながら作業できる高い技術力を持った職人を正当に評価するいうことは、この業界に身を置く人間として、絶対に譲ることのできない部分です。

ですがその代わり、作業の分担は行っていきます。例えば、【玄関やアーチ部分の草刈り】と【駐車場周りの草刈り】は同じ仕上がりが必要でしょうか?それと同様に、薬剤散布でも【ホースで箇所に撒く】と【木に薬液をかける】の難しさは異なります。細やかな部分を考えながら作業の分担を行い、結果として、管理の低価格化に繋がっていきます。

柔軟な管理体制で
臨機応変に迅速な対応を致します!!

倒木や害虫などの緊急事態が発生して、その対応にお困りになったことはございませんか?
弊社では、直接施工の職人が毎日稼働しておりますので、そんな突然のトラブルにも対応が可能です。
柔軟な管理体制とは、年に2回ほど病害虫防除を管理月ではなく、【発生が分かった時点で教えてください】という方法で対応させて頂いているお客様もいらっしゃいます。
祝祭日の対応も、緊急性を要する案件に限り対応しています。

管理業務内容

都園では、以下のような業務を行っております。これら業務の単体での受注もしていますし、年間スケジュール内作業、緊急対応作業など柔軟な管理も致しますので、お気軽にお問合せください。

刈込
機械だけではなく、ここは重要だと判断した箇所は手作業で作業します。 木によって特性が異なってきますので、施工性を上げるために全員で工夫を凝らして取り組んでおります。
高所
イチョウなどの高い枝のある木の枝打のために、高所作業車を使います。 必ず有資格者が操作し、周囲の交通にも考慮し、クレームの出にくい施工体制をとっています。
支柱
台風などの自然災害による倒木の外傷を注意深く見て、木を起こし、支柱を使って固定する作業は緊急性を要する作業です。
施肥
有機肥料を好んでいる箇所です。 庭木の活力となる肥料は、健全な成長を助け、病害虫などに強い庭木に育てます。
収集
昔は重労働だった庭木や草木の収集作業も、機械化によって少人数でこなすことが可能になりました。
除草
手できちんと抜く除草作業は、丁寧かつ慎重さが求められます。 根っこまでしっかりと引き抜き、草野再発生をできる限り抑えます。
消毒
近年の農業事情によって、薬品散布は慎重さが求められるようになりました。 近隣の皆様への配慮、薬剤の選択、タイミングなど、しっかりと確認、対応し施工を行います。
草刈
【根っこまで綺麗に刈って貰える】と、お客様には好評を頂いております。素早く、安全等に気を付け、しっかりと刈らせて頂きます。
伐採
枯損木や不要樹木の伐採も承っておりますので、お気軽にご相談下さい。